記事一覧

テンデンス×「ハリー・ポッター」の腕時計

スイス発の時計ブランド「テンデンス(Tendence)」から、「ハリー・ポッター」とコラボレーションした腕時計『ハリー・ポッター コレクション』が登場。各モデル300本限定で2020年12月1日(火)に発売される。

「ハリー・ポッター」とコラボした腕時計

『ハリー・ポッター コレクション』は、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の公開20周年を記念して誕生した腕時計だ。同作品が2001年に日本で初めて公開された日"12月1日"に発売日を合わせ、3種類の腕時計をラインナップする。

『ゴールデン・スニッチ モデル』

『ゴールデン・スニッチ モデル』は、魔法の箒(ほうき)で空を飛びながら戦う試合"クィディッチ"で使われる、羽つきボール『金のスニッチ』にインスピレーションを得た腕時計。腕を動かすたびに回転する『金のスニッチ』を文字盤の中央に配し、その周りにはホグワーツ魔法魔術学校の寮のシンボルとなっているライオンや蛇などを繊細なタッチでペイントした。

12時の位置には主人公ハリー・ポッターが所属する寮「グリフィンドール」を、3時の位置に「レイブンクロー」、6時の位置に「スリザリン」、9時の位置に「ハッフルパフ」のシンボルを描き、いずれも右隣には寮の名を添えた。

『ホグワーツ モデル』

『ホグワーツ モデル』は、ホグワーツ魔法魔術学校の寮のシンボルカラーを採用したアーガイル柄を文字盤全体に施し、中央にホグワーツのエンブレムを描いた腕時計だ。

ベゼルには、サイズ違いのスワロフスキー・クリスタルをあしらい、リュクスな見た目に。また、6時の位置にカレンダー機能を搭載し、実用面においても優れた仕上がりとなった。

『スネイプ モデル』

ホグワーツ魔法魔術学校で魔法薬学の先生とスリザリンの寮監を務める「セブルス・スネイプ教授」を、モノトーンカラーで文字盤に描いた腕時計『スネイプ モデル』。スネイプ教授の周りを囲むインデックスには7色に輝くLEDライトを施し、暗闇でも時間を確認できる設計に。

LEDライトは単色に光る設定だけでなく、ワンプッシュですべてのカラーが8秒もの間輝き続ける機能も備えている。

いずれのモデルも、"魔法の杖"をモチーフにした秒針をあしらった。作品ファンにはたまらないスペシャルなアイテムだ。

【関連記事】:ファッションに関するプロジェクト一覧

ボーム&メルシエの腕時計「リビエラ」新作

ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)は、「リビエラ」の新作腕時計を、2021年7月より順次発売する。

「リビエラ」ウォッチにグリーンダイヤルの新作

「リビエラ」ウォッチは、1973年にサントロペで誕生したボーム&メルシエのアイコニックな腕時計。12角形ベゼルとそのスティール製ケースのシルエットといった特徴的なディテールはそのままに、鮮やかなグリーンダイヤルと、ストラップの新たなインターチェンジャブルシステムを採用したモダンな佇まいが魅力だ。

新作のグリーンダイヤルは、リビエラ生誕の地である地中海の、海岸の自然を表現した上品なカラーが魅力。ライトグリーンダイヤルのモデルと深みのあるグリーンを採用したモデルの2型がラインナップする。

36mmケース&フレッシュなライトグリーンダイヤル

ユニセックスで着用可能な36mmケースのウォッチには、明るいグリーンダイヤルを採用し、上品さとフレッシュさを持ちあわせた表情に。ダイヤルにはウェーブ装飾をあしらい、サンレイ・サテン、ラッカー仕上げを施すことで艶やかな光沢を放っている。

また、バッテリー寿命10年を誇る新世代の“スイス製”クォーツムーブメントを搭載。50m防水機能も備えられている。

深いグリーンの自動巻きウォッチ

深いグリーンを落とし込んだ42mmケースのモデルは、幾何学的なウェーブ装飾がマスキュリンな印象を演出。シルバーに輝くスティール製のケースと、ダイヤルの深みのある色彩が絶妙な調和を見せている。自動巻きムーブメントを採用し、100m防水機能を備えている。

簡単にストラップ付け替え可能な「Fast Strap システム」

いずれの腕時計も、インターチェンジャブルのグレイングリーンとサテングリーンのラバーストラップと、セーフティ・トリプル・フォールディング・バックルが付属されている。
ウブロ 偽物
特別な道具なしで簡単にストラップを付け替えられる一体型「Fast Strap システム」を採用しており、異なる色のラバーストラップに付け替えたり、ラバーストラップからスティール製ブレスレットに付け替えたりすることが可能だ。ラバーストラップは、ブラック、ブルー、グリーン、ダークブルー、ホワイト、モーヴなど多彩なカラーバリエーションを用意する。

【関連記事】:スイス優雅の腕時計

シチズン新作腕時計、繭をイメージした柔らかな白

シチズン(CITIZEN)から、ベーシックなデザインが揃う「シチズンコレクション」の新作腕時計が登場。2021年10月下旬より発売される。

漆の老舗と共同開発で仕上げた“世界に1つだけ”の文字盤

「シチズンコレクション」の新作は、銀箔と漆で仕上げた文字盤を備えた機械式時計だ。

最大の特徴である文字板は、1900年創業の漆の老舗「坂本乙造商店」との共同開発によるもの。金属板に漆を塗り、その上に銀箔をまぶすようにのせる。その上からさらに塗装するという手順をすべて手作業で行うことで、ひとつとして同じものは存在しない、独特な風合いに仕上げている。

繭のやわらかな白をイメージした「繭色」

文字板は2パターンを用意する。繭(まゆ)のやわらかな白をイメージした「繭色」は、白い塗装を重ねて表情豊かな白斑(しらふ)柄に。ミラー仕上げの針を合わせて、視認性を確保した。バンドには、きめ細かで美しいつやのあるコードバンを起用している。

紅葉した森林の薄暮から着想した「鈍緋色」

「鈍緋色」は、紅葉した森林の薄暮をイメージしている。漆を塗布した金属板に硫化させた銀箔を貼り、上からぼかし塗装を施した。硫化銀箔の彩が斑柄となって現れる、趣のある表情に仕上がっている。針には、ミラーとマットの仕上げを組み合わせたリーフ針を採用。型押しした、カーフレザーのバンドを組み合わせている。

日常使いに便利な機能も

日常使いに適した機能も備えており、文字板には日付表示をはじめ、パワーリザーブインジケーターや24時間計を完備している。さらに、裏蓋はシースルーバック仕様となっており、ローターやてんぷが正確に動く様子を目視できる。

【関連記事】:都市文芸気腕時計