記事一覧

ロレックス デイトジャスト 36 126200

"就任式当日にこのモデルを見つけたとき、ジュビリーブレスレットに引かれて注目した。そして、滑らかなベゼル、サンレイブルーのダイヤル、太いホワイトマーカーが目に入った。41mmという大きめサイズの、モダンなデイトジャストだったのだ。

選挙戦の最中に突然現れたものではない。就任初日に発表されたようなものだ。スピードマスターと同様、デイトジャストもクラシックなモデルだ。ひとつ持っていれば間違いない。しかし、現職の大統領がロレックスを着用するのは、リンドン・ジョンソン(Lyndon Johnson)以来ということで興味深い。ちなみに彼はゴールドのデイデイトを着用していた。レーガン(Reagan)はホワイトダイヤルのデイトジャストを所有していたが、実際に大統領として着用したかどうかは定かでない。そして、トランプ(Trump)氏はゴルフの際にロレックスを着用していたことは間違いないが、私の知る限り、彼は大統領就任宣誓の前につけていた。また、大統領時代はスーツの下にフレンチカフスのシャツを着ていたので、時計を見るのがより困難だった。

ロレックス スーパーコピー デイトジャスト36 126200

型番 126200
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブルー
ケースサイズ 36.0mm
機能 デイト表示
2019年発表の【オイスターパーペチュアル デイトジャスト36】。
文字盤は爽やかな印象のブルー/バーインデックスです。
ムーブメントには自社開発キャリバーの3235を搭載。
14件もの特許を取得し、新開発のクロナジーエスケープメントの高い効率性により、ケーシング後の日差を-2~+2秒の範囲に留めるだけでなく、約70時間ものロングパワーリザーブを実現しました。
ブレスレットのオイスタークラスプにはイージーリンクが備わっており、容易にブレスレットの長さを5mm延長させることが出来、一年中快適にお使い頂けます。

いずれにせよ、バイデン大統領は就任以来、このロレックスをコレクションの定番としている。シーマスターとほぼ同じ時間を過ごし、スピーディとApple Watchがそれ以外のローテーションを構成しているようだ。今後数年間、バイデン氏の腕から目が離せない。彼のコレクションに変化があれば、このレポートを更新する予定だ。


【関連記事】:http://secret-zone.info/diarypro/diary.cgi

"

ブラックダイヤルにグリーンの夜光のバージョンは、まさにステルス性の高い魅力的な雰囲気がある。

数字のスタイルに至るまで、昔のホイヤーが作っていた軍用パイロットクロノグラフを彷彿とさせるものだ。

このふたつの新しいクロノグラフは、特にスティールとシルバーのオプションで、非常にインダストリアルな雰囲気を持っている。リューズにはローレット加工が施され、握りやすい。また、プッシャーは操作しやすいように高さが出されている。また、本モデルはプッシャー押し込むだけでゼロに戻り、再び動き出すフライバック機構を搭載。この機能は、オータヴィアの歴史のなかでも初めてのものだ。この機能を試すための実用的な機会がないとしても、これはとんでもない隠し芸といえる。機械式時計を愛する者として、こんなことを言うのは心苦しいのだが、事実なのだ。

タグ・ホイヤー コピーカレラ キャリバーホイヤー02 スポーツクロノグラフ 44mm CBN2A10.BA0643

カテゴリタグ・ホイヤー カレラ(新品)

型番CBN2A10.BA0643

機械自動巻き

材質名ステンレス

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラーグリーン

外装特徴シースルーバック

タキメーターベゼル

ケースサイズ44.0mm

機能クロノグラフ

デイト表示

人間工学に基づき新たに設計された44mmケースを採用した【カレラ キャリバーホイヤー02 スポーツクロノグラフ】。

文字盤のデザインもホイヤー01搭載モデルが縦3つ目のクロノグラフであったのに対して、ホイヤー02を搭載するこちらのモデルはバランスの良い下3つ目となっています。

ムーブメントには80時間ものロングパワーリザーブを誇る、垂直クラッチ式クロノグラフムーブメントの「ホイヤー02」を搭載。

文字盤の中央に向かって傾斜した立体的なアワーインデックスを採用したことで視認性が高められているのも特徴です。

スポーティーでありながらもエレガントさも感じさせる落ち着いた色合いのグリーンダイアルですので、ON・OFF問わずお使い頂けるかと思います。

このフライバック機能を駆動するムーブメントは、タグ・ホイヤーのクロノメーター認定Cal.ホイヤー02フライバックで、ディスプレイケースバックからスマートなブラックローターがついた姿で見ることができる。直径31mm、厚さ13mm以上となる大型のムーブメントだ。

実際、どちらの時計も小さいとは言い切れない。説明するのが難しいほど分厚いのだ。42mm径のケースは、45mmのように感じられ、ケースの厚さは16mm近くある。この時計を収めるには、シャツの袖口に相当なゆるさが必要だろう。私は個人的に(もちろん、それらを誇示するために)カフの上にこの時計を着用したいと思うが、このやり方は袖の下に収めたい人々にとっても注目する価値があると思う。

手首のサイズが6.5インチ(約16.5cm)の私にとって、これは自分で使うには少し大きすぎると感じた。前にも話したが、私は時計に身につけられているような感覚が好きになれない。とはいえ、この新しいクロノには、評価すべき点もたくさんある。2019年に発売されたオリジナルの3針モデルは、今後のラインの基礎作りのようなものだと感じている。その点、これらは論理的な次のステップのように感じられ、3年前にデビューを見ていた私たちは、このデザインを受け入れる準備ができていたのだ。

重厚なアプライド数字と太い夜光が施された針で、視認性は抜群だ。ブラックダイヤルの方が、針と数字のグリーンのコントラストが効いていて、より見やすいと思う。

巨大なサイズにもかかわらず、本機はすべてを兼ね備えている。両方向回転ベゼルは、クロノグラフ機能を使用するのが面倒な場合に便利だ。また、6時位置にはデイトウィンドウがあり、文字盤のシンメトリーを保っている。またデイトディスクはブラックで統一され、クロノグラフと回転ベゼルで時間を計測したあとに、今日が何日なのかを知る必要がある場合に便利だ。

しかし、3本目の時計も外せない。基本的には2019年のオータヴィアの複製で、ベゼルとカラフルな針が新しくなっただけなので、かなり馴染みがあるはずだ。オータヴィア GMTは、クロノメーター認定のCal.7(セリタ SW300ベース)ムーブメントによって、このラインに初めて2タイムゾーン機能を導入。ブルーとブラックのバットマン風ベゼルは、ほかのデザインに比べて少し違和感があるが、全体的にはオリジナルの3針モデルを踏襲した格好いい時計に仕上がっている。

2019年のオータヴィアに続き、これらの時計には、ボタンを押すだけで簡単に取り外しができる特殊なモジュール式のクイックリリースシステムを搭載したストラップが装着されている。正直なところ、プラスチックっぽい音がしない、標準的なストラップの感触の方が個人的には好きだ。ちょっと違う感じがしてしまう。しかし、ストラップを変えるのが好きで、工具を使う時間がまったくないような消費者にとっては、間違いなく魅力的な製品だろう。

私の手首には、モダンなオータヴィア クロノグラフの復活はちょっと合わなかったが、タグ・ホイヤーがコレクションの新バリエーションに全力を注いでいることは間違いなく評価すべき点だ。これは本格的なムーブメントを搭載した、頑丈で高性能なクロノグラフだ。オータヴィア誕生60周年という記念すべき年だからこそ、このようなモデルが登場したのである。